Barumelec.com信頼できるストッキング電子部品販売代理店

世界の半導体が30ヶ月近く前半のマイナス成長を迎えました

Release on : 2019/03/12

半導体工業会(SIA)によると,2019年1月の世界の半導体市場の売上高(3ヶ月移動平均)は,2017年1月から5.7%減少して355億ドル(約2,414人民元)となった。 1億元,2016年7月以来30ヶ月で最初のマイナス成長,2018年12月と比較して7.2%の減少。

SIAが発表した月次売上高は3か月の移動平均であり,2018年1月の売上高は2018年11月,2018年12月,および2019年12月の3か月の平均です。 WSTS(World Semiconductor Trade Statistics)による月次売上高では,2018年12月は2017年12月から7.7%減少しました。 WSTSは2019年1月の月次統計を開示していませんが,2桁のマイナス成長に陥るはずです。その中でも,DRAM市場の製品価格が急激に下落しており,現在も下がり続けているため,2019年2月以降の市場規模はさらに縮小すると予想されます。

1996年1月から2019年1月までの半導体市場の規模(百万米ドル)および前年同期と比較した成長率(写真から:WSTS / SIA)

世界のほとんどすべてがマイナス成長にあります。最も明白なのは中国と米国です。

地域と国によると,前年同期と比較して,ヨーロッパが0.2%増に加えて,米国は15.3%減,アジア太平洋地域およびその他の地域は3.8%減,中国は3.2%減,日本は1.5%減。マイナス成長に陥る。また,先月(2018年12月)と比較すると,米国は前年同期比13.0%減,中国は前年同期比8.5%減,日本は前年同期比4.7%減,その他の地域は前年比減となった。 3.6%,ヨーロッパは前年同期比1.5%減。貿易戦争の渦巻きに陥った中国と米国のマイナス成長は,特に明白です。

低迷する半導体業界に対するSIAの社長の見解

SIAの社長兼CEOであるJohn Neuffer氏は,1月のデータ発表で,「2019年1月,全世界の主要半導体製品と全地域で,前月比で世界の半導体市場が減少傾向を示したことを明らかにした。世界の半導体市場は景気後退期を迎えていますが,長期的に見れば,将来を見据えた将来性は依然として非常に有望であり,消費者製品への半導体の普及率は高まっています。 VR,IoT,5G,次世代の通信ネットワークはすべて,トラクション半導体市場の発展の主な原動力となるでしょう。」